EV(電気自動車)の普及により、「次世代急速充電技術」の世界標準作り。日本と中国


EV(電気自動車)の普及が、刻々と近づいてきています。

EV(電気自動車)の電池性能の向上も必要ですが、充電スタンドの普及、充電時間など、急速充電の技術なども今後の課題です。このような技術の進化は、メーカー、国によって、標準が違うため、なかなか普及しなかったりします。

そんな中、日本独自のEV用充電器規格「CHAdeMO(チャデモ)」を推進するチャデモ協議会が、中国の「中国電力企業連合会」と協力して2020年頃をめどに、次世代の急速充電技術に関する世界標準作りを目指すことで合意したそうです。(クリッカー)

急速充電器の設置数で9割超のシェアを持つ中国と日本が充電器の規格を統一することで、一気に、需要が高まりそうです。現状の10倍以上を想定しているとのことから、かなり、便利になりそうです。

中国は、EV(電気自動車)大国であり、今までガソリンエンジンで勝ち目がなかったため、EV(電気自動車)など、新しい技術への取り組み方が尋常ではないです。中国を見方にした方が良さそうです。

そろそろ、SDカード、メモリースティックや液晶テレビ、プラズマテレビなど、違う企画で競うのを止め、統一すべきです。経済成長しない現在には、企業の儲けよりも、便利さで貢献すべきではないかと思います。