AI(人工知能)・EV(電気自動車)・5G・IoT・自動運転、働き方革命、第四次産業革命・家電による未来研究所

未来のビジネスアドバイザー

  • HOME »
  • 未来のビジネスアドバイザー

未来のビジネスアドバイザー

AIに負ける業界、斜陽産業からの脱却!未来のビジネスアドバイザー


時代は、刻々と変化をしています。
あっという間に、時代は変わります。まだまだ大丈夫だと思っていると、あっという間に時代遅れで、じり貧になります。

そんな時代の変化を研究している私が、みなさんの新しいビジネスのアドバイス(コンサル)をするというものです。

・下請けからの脱却
・新しい取引先の開拓
・今の技術を活かして新しいビジネスを作る
・法人向けから、個人向けへ
・個人向けから、法人向けへ
・未来の新しい産業は何があるか
・このようなビジネスは、将来性があるのか?
・AI(人工知能)に淘汰されないビジネスとは?
・EV(電気自動車)、自動運転でどう変わる?

経営コンサルタントが行っているような、3C分析、SWOT分析を使ったマーケティング、競合分析、強み弱みの分析では、これからの時代は勝ち抜けません。資金調達のための事業計画書の作成でもありません。

ありきたりの発想ではなく、新しいビジネスを立ち上げるのです。

コンビニのオーナー → コインランドリーのオーナー
のような業種転換から、

写真フィルム → 化粧分野、医療分野
のような強みを活かした新事業の立ち上げ

英会話学校 → 企業に英会話講師を派遣
のようなビジネスの発想

をサポートするのが、私の仕事です。

AI(人工知能)、EV(電機自動)、新しいビジネスへの転換!未来のビジネスアドバイザー

石炭産業や繊維産業は廃りました。

高度経済成長の中で、自動車などの輸送用機械、家電製品や半導体などの電気機械の割合が高まりました。製造業が時代を支えました。

その製造業も終わりにさしかかっています。

日本があれほど強かった半導体産業は、韓国、台湾に移りました。
家電製品も日本が圧倒的に強かったです。ブラウン管テレビから、液晶テレビに変わってから、日本は優位性を失いました。有機ELテレビは、韓国勢に圧倒されています。ソニーやパナソニックも一時期、低迷しました。シャープは、海外企業に身売りです。

パソコン事業は、ソニー、NEC、富士通、東芝などのメーカーが、他社に身売りしました。

携帯電話は、三菱電機、東芝、NEC、パナソニック、富士通、シャープ、京セラ、ソニーなど日本勢が強かったですが、スマートフォンに乗り遅れてから、一気に立場が逆転しました。スマホは、世界1位である韓国のSamsung(サムスン)のGalaxyと、2位アメリカのApple(アップル)のiPhoneと続き、3位には、中国のHUAWEI(ファーウェイ)です。

スマホの登場により、オーディオ、デジタルカメラ、ビデオカメラの需要がなくなりました。
若者の離れの影響から、テレビ局、新聞社、出版社、ゴルフやスノボなどのスポーツ用品店、小売店、自動車販売なども苦しくなるでしょう。

銀行は、AI(人工知能)の登場で、仕事がかなり減ることから、人員削減を発表しています。今後、ATM数の削減と拠点の統廃合が行われます。

IT技術の発達により、古いビジネスやスタイルは淘汰され、新しい機械やビジネスが登場しました。

駅の駅員 → 自動改札機
車掌 → ホームドア
銀行の窓口 → コンビニ
ATM → ネットバンク
保険の販売員 → ネット生命
書店 → Amazon
家電量販店 → ネット通販

100年に1度と言われている、エンジン車からEV(電気自動車)への転換が起こります。
これにより、小さな下請け工場は潰れ、業界が再編されるでしょう。

のんびり構えていては、時代遅れになってしまいます。

PAGETOP
Copyright © AI・EVによる未来研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.