時代を変える意気込みがないなら、閉ざされた世界に行ってはならない!


閉ざされた世界とは、オジサンがものすごい権力を持つ世界です。そして、時代に遅れていて、国から守られた世界でもあります。

小学校、中学校、高校の教員は、若者の先生が潰されます。すべてだとは言いませんが、時代遅れの校長、教育委員会のお偉いさんに従わなければなりません。正しい判断ができるなら、「いじめを隠してなかったことにしよう!」などと考えるはずがありません。

日本の教育自体が時代遅れで、役に立たない勉強が多く、「良い大学、良い会社に勤める人が勝ち組」「規則に従うのは当たり前」「勉強ができる子が偉い」「自由な子はダメ」「ITやスマホなど最新テクノロジーを良しとしない」古い考えの人に支配されてしまいます。

でも、現代で成功している人は、全く逆の人ばかりです。学校では、問題児です。

大学の教員も同じです。権力を持ったオジサン教授が、ものすごい勢力を持っています。若者は、博士を取っても、正規の先生にはなれず、非常勤講師でいろいろな大学を渡り歩くしかありません。正規の先生になれたとしても、3年、5年と任期が設定されていたりします。

一部の素晴らしい研究をしている教授を除いては、大学も時代遅れで、社会に出て役に立つことがほとんどありません。就職するための機関になっています。その割には、費用が高すぎます。

どちらにしても、社会に出たことがない先生が、社会、経営、就職を語るのはどうかと思います。

そして、社会経験豊富な実務家を排除しようとする動きは強いです。世間の正しい意見が入ってきたら、自分たちの立場が危うくなりますからね。一部の専門家は、「教員は、社会経験のある人しか採用してはいけない!」というルールにすべきだとも言っています。

先日も話題になりましたボクシング協会、日本大学でも、トップの権力がすごいことがお分かりいただけたと思います。

医者の世界も、大学病院などは相当大変なようです。教授陣の権力の固まりです。東京医科大学の不正入試なども、その辺りを物語っています。

老舗の大企業なども、過去の栄光にしがみつく余り、変化しきれずに潰れていく会社も多いです。銀行も同じです。定年してからも、会長、相談役、顧問など、いつまで、しがみつくのでしょうか。

これからは、AI(人工知能)の進化で、時代は大きく変わります。

ですが、オジサンが権力を持つ世界は、そう簡単に変わりそうにもありません。そこでは、勝ち目がありませんね。

ぜひ、遅れた世界で安定を目指すのではなく、新しい時代を担う業界で頑張って下さい。

閉ざされた世界では、能力が発揮できませんから。
今回、いろいろと話題となったように、少しずつ、正常化されていくとは思います。ですが、残念ながら、AI(人工知能)が進化することで、必要のない世界ばかりなのですね。